2009年09月02日

エルニーニョ ミクロネシアには良い影響?

今年はエルニーニョの影響で冷夏、長雨で農作物も不作と色々と影響がありますね。

このエルニーニョ。 ミクロネシアでサーフィンするにはもしかしたらよいかもしれないです。

というのも、エルニーニョの影響で北太平洋の西側は風が通常の年よりも弱い可能性が
あるそうです。

エルニーニョの詳細な情報はこちら
http://www.stormsurf.com/page2/enso/current.shtml

要約はこちら
Wind Anomalies:
Wind anomaly analysis indicates that
on average trades over the equatorial Pacific have been blowing
weaker than normal, especially in the far Western Pacific to the
dateline. In fact, there have been several instances of a total
reversal of the trades there.  Rather than blowing east to west they
have been blowing west to east, and at other times they have been
blowing less strong than normal, which has the same effect as a
reversal of trades in that it supports the generation of a Kelvin Wave
(more about that below). With trades being suppressed, this reduces the
amount of upwelling along the coast of South America, allowing the
collection of warmer water there. Stronger than average winds there
increases upwelling producing cooler than average waters. The 4 solid
Active Phases of the MJO that have occurred so far this Spring and
Summer caused trades to reverse themselves, each pushing a substantial
amount of warmer then usual water to the east and depositing it off the
Central America coast. These instances of reversed trades/westerly
winds are called Westerly Wind Bursts (WWB).  These have been
implicated in not only transporting warm water east, but also help
to fuel tropical development the the Central and West Pacific. Of note:
The MJO still has Inactive Phases even during El Nino years, just not
as prolonged or strong.

また、ヘッドサーフガイドのアロイスからのコメントは下記の通り

私は、気象についてもオアフの空軍や本を読むなどして勉強しています。
そのアロイスがこの数シーズンのポンペイのコンディションを観察した結果、
2〜4月のいわゆるレイトシーズンは、パンピングで大きい波が立ちやすいです。

それ以外は、大体は風が止まるか、弱い、または向きが変わりやすい(どこかでオフショアです)。
または、南か南西からの北東からのトレード風とは逆の向きになります。

太平洋の西はハワイやマーシャル諸島のようにポンペイよりも東にある島よりもトレード風は弱くなります。

通常の年では、4ヶ月がトレード風。4ヶ月が弱い風。残りの4ヶ月が無風です。

 

今年の夏は今までにないほど多くの南ウネリを受け、他の島も同様だったようです。

北や西へと発達する台風が向かう波が小さい気象パターンですが、今年初めての台風からのウネリも

入りました。

十分な大きさではありませんが、それでもパーフェクトな波です。

 

雨も少なく、いつ海に出てもどこかでサーフィンできる波が割れています。 それも、いつもやるスポット以外

にです。

 

従って、どこを探せば分かっていれば必ず波は見つかります。

これこそがローカルナレッジですよね。

 

私が思うに、全てが今年が素晴らしいシーズンになることを示しています。

mark.jpg
posted by WSJ at 23:08| Caroline Islands>新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。